ブログトップ記事一覧

「再現性」があるのか?ないのか?

2015/03/30更新:

新しい書籍の執筆に取り掛かっています。

基本的に新しい取り組みは大好きです(^^
ただ、本だけは、、、、これね、結構大変なんですよね(汗)

今まで出した3冊の本
今まで出した3冊の本

じゃあ、なぜ本を書くのか?

一番の理由は、書くことで整理されるからです。

だったら、ブログでもいいんじゃないの?

もちろん、ブログでもいいのですが、ブログで書いた「点」の文章を「線」や「面」にするために、もう一度クライアントさんと一緒にやってきたことを見直し、多くの方に活用できるようにするという感じでしょうか。
だから、ブログと本はやっぱり違うんですよね。

書籍を書くにあたり、編集者の方に言われるのは「再現性」です。

 あの人だからできた。
 そのクライアントさんだからできた。
 この業界だからできた。

そうなってしまうと、「特殊な事例」になってしまう。

特殊な人、特殊な会社、特殊な業界だからできた!
そんな再現性のないことは本にはできないんですね。

「そりゃ、あんただからできたんでしょ」
           という感じなんでしょうね。

「再現性」ということに視点を向けると、より深く事例を見ていくことになる。

表面的なことではなく、その先にあることは何か?
それは、どんな会社にも当てはまるのか?
どこが特殊で、どこが特殊じゃないのか?

そうすると、まったく違う事例に見えても、先をたどれば同じになることもあるから不思議です。

「あ~ここが肝の部分だったのね」という感じで、新たな発見も多い。

『本を書く』

こんな機会をいただくことがなければ、一件、一件の事例を
そんなに深く掘り下げることはないんだろうと思うのです。

だからこそ、本を書く。

本を書くことで、直感的や感覚的にやってきたことを、一度掘下げ、言葉にして、再現性を持たせることで、多くの人に役立つように。

ま、役立つかどうかは、僕の判断ではないですが(汗)
そうなるように、頑張ってみようってことです、はい。

だから「再現性」というのは、非常に重要なことです。
意外と周りには再現性のないことも多い。

「やってみよう!」「よし!やるぞ!!」
と感じたことに対して再現性があるかどうか?

一度、確認してみることも大切ですね(^^

さぁ、がんばるぞ!!!

現在、募集中のセミナー・塾

***************************
●「コト売り」超実践塾 in【東京】

2017年4月18日~
http://www.gaea318.com/kotouri

●コトマーケティング協会トレーナー講座
http://koto-marketing.com/
***************************

Copyright (C) . All Rights Reserved.