ブログトップ記事一覧

トントントントン ヒノノニトン

2017/04/11更新:

「トントントントン ヒノノニトン」

堤真一さん、リリーフランキーさんなどが登場するトラックの日野自動車のCMですが、もうたくさんの方がご存知だと思います。

※CMはこちらから
http://www.hino.co.jp/dutro/cm/index.html
0411-1

プール編・大工編・マッサージ編・とんかつ編・栗きんとん編・けんけんぱ編など、さまざまなパターンがありますが、耳に残りますよね^^

このCM、実は「目的を一つに絞った」ことで大成功したのです。

CMって、15秒や30秒で表現しないといけない。
実際たくさんのことを言いたくても、言えないのです。

でも、CMなどでお金をかけるとなると、あれも言いたい、これも言いたいとなってしまう。

結果、伝わらない。

残念ですよね。

「伝えることを絞る」

実は、日野自動車は中型や大型のトラックでは44年間シェアナンバーワンです。

でも、小型トラックの認知度はかなり低い。

「えっ!?日野自動車さんって小型トラックやってたの?」

そんなことも多いのです。

で、ここは一つ「日野は2トン車(小型車)をやっています」という認知度を上げることだけに絞った。

そうすることで分かりやすくなるんです。

「日野が二トンをやっていることを知らせるにはどうすればいい」

「ヒノがニトンを販売してる」

「ヒノノニトン」

この「語感」だけで伝えて、あとはこの「語感」にシーンをのせる。

そして浸透させようとなったのです。

結果は、大ヒット!

CM好感度ランキングでも上位にもなりましたし、それ以上に子供や主婦までが「ヒノノニトン」を知るようになった。

まずは、ひとつの目的は達成です。

「認知度」があがったここから、具体的な営業シナリオが活きてくる。

・誰に
・何を伝えて
・どういう行動がとって欲しいのか

まさに、ターゲットを絞り、そのターゲットの興味のあるコトを伝えて、最終的に問い合わせをいただく。

これをしっかり実践していくことで、「コト売り営業」を通して実際の売上につなげていく。

CMも目的を絞り込んで、
CMと実際の営業をしっかりつながていく。

逆に言うと、

・あれこれと欲張らない
・CMと営業は勝手に繋がるのではなく、意図をもってしっかりつなげていく

こんなことが大切なんだと実感するのです。

そして、今回の14年ぶりの大型車フルモデルチェンジのCMがコレ!
0411-2
「社長、こいつに乗せてくれ!」
https://www.youtube.com/watch?v=1RMAeJIgS7k

経営者目線、ドライバー目線でつくった新型車を、CMでも伝える。

いよいよ「コト売り」も本格化してきました(^^

楽しみでなりません!!!

現在、募集中のセミナー・塾

***************************

●「コト売り」超実践塾 in【大阪】
2018年1月17日(水)~(計5日間)
http://www.gaea318.com/kotouri

●コトマーケティング協会トレーナー講座
http://koto-marketing.com/
***************************

Copyright (C) . All Rights Reserved.