ブログトップ記事一覧

責任取りたくないからやらない!?

2017/02/01更新:

「責任取りたくないからやらない!?」

こんにちは、コトマーケティング・コンサルタントの松野恵介です。

モノ売りから、コト売りへ変化をしていこうとした時に、ひとつのハードルになってるのは「責任」かもしれない。

新規のクライアントさんと話していて、そんなことを感じたのです。

先日お会いしたのは、印刷会社の方と、食品メーカーの方。

印刷会社の経営者に会ってお話を聞いていると、

「お客さまに言われたものを刷る」これだけではネット印刷には安さで敵わない。「これからは何か付加価値をつけないと・・・・」

そんな思いで相談に来られました。

まずはシッカリと話をお聞きし、現状、ここ最近やったこと、課題などなど。その上で、専門印刷会社のやってることや、コト売りの基本的な考え方について話しました。

簡単に書きますね。

・印刷することだけをやっていては価格競争から抜け出せない
・いままで、どんなお客様が多かったのか
・お客様は何で困っているのか
・お客様は何のために印刷物をつくるのか
・そのお客様にできることは
・自社の今までの強みは?
・そしてこれから何を強みにしていきたい?

こんなことを聞きながら、ターゲットを絞って、できるコトを増やしていきませんか?

例えば、ターゲットを飲食店に絞ってみます。

・飲食店は、お客様が来なくて困っています。
・飲食店は、お店の価値が伝えられなくて困っています。
・飲食店は、もっと売上げがあげたいと思っています。
・飲食店は、もっと集客したいと思っています。

さぁ、どんなお困りごとを解決しましょうか?
さて、印刷会社として何ができるでしょうか?

『集客、売上げアップのお手伝い』

そんな立ち位置で、チラシやPOP、メニューやハガキなどを一緒につくっていってはどうでしょうか?

という感じでお伝えしていったところ、、、

「分かるんですが、本当によく分かるんですが・・・・・」のコトバの後に、「うちに、その責任がとれるかどうか」

そう言われたんですね。

で、僕はこう言いました。

「責任なんてとる必要はない」と。
あなたの会社が集客をする訳じゃない。
あなたの会社は「集客のお手伝いをする」のですから。

お手伝いをして、一緒に集客・売上げアップを目指していく。
お客様の「したい!」に寄り添っていけばいいのですから。

「教える」
「してあげないと」
「責任を取る」

これって大きなハードルになっていることが多い。

でも、これって客観的に見ると「おこがましい」ような考え方のように思いませんか?

飲食店の店主は、飲食店をオープンさせたのも自分の意思なら、「集客する」「売上げをあげる」「お客様にもっと喜んでもらいたい」すべて自分の意思で考えておられるはず。

その意思に寄り添っていくことが大切。

一緒に考え、一緒に実践し、一緒に成果をあげていく。

「そんな思いで取り組んでいく方がいいんじゃないでしょうか」
なんて話をしているうちに、どんどん顔が上がって明るくなってきた(^^

変化をしていく時って、手法も大事だけど、根本的な考え方や視点を変えていかないといけない。

この根本的なことを変えていく時、ものすごく心理的なハードルがあるんだなって感じるのです。

大丈夫!

恐れずいきましょう!!

お客様をちゃんとみれば、どうしていったらいいかが見えてくるはず。

振り返らず、前を向いていきましょう!!!

振り返るな!
振り返るな!

「Don’t look Back」

行動あるのみです!!!

現在、募集中のセミナー・塾

***************************
●「松野恵介×尾崎里美コラボセミナー」in【東京】
2017年3月14日(火)11:00~18:00
http://www.gaea318.com/1815

●「松野恵介×尾崎里美コラボセミナー」in【大阪】
2017年4月20日(木)11:00~18:00
http://www.gaea318.com/1815

●「コト売り」超実践塾 in【東京】
2017年4月18日~
http://www.gaea318.com/kotouri

●コトマーケティング協会トレーナー講座
http://koto-marketing.com/
***************************

Copyright (C) . All Rights Reserved.