ブログトップ記事一覧

キャッチコピーの作り方・その1【ターゲットを絞って呼び掛ける】

2014/11/12更新:

折込みチラシ、DM、ポスティングや、ホームページ、ブログなどなど、
様々な販促物をつくる時に大切なのが「キャッチコピー」です。

目に止めてもえるのか、止めてもらえないのか。

興味を持ってもらえるのか、持ってもらえないのか。

これがキャッチコピーひとつで決まってくるのですから、
スゴク重要な役割ですよね。

僕もマーケティングコンサルタントとして、商店街や温泉地に行って、
「最初に、POPや店頭看板を書いてみましょう!」って時は、
必ずキャッチコピーのことを話します。

最初、たくさんのキャッチコピーのルールなどをお伝えしていたのですが、どうもたくさんあり過ぎて分かりにくい様子。。

ということで、まずは「5つ」に絞ってスタートしてみたところ、
スムーズにキャッチコピーが作れて、なおかつ良い結果が出るようになってきたのです。

なかなかキャッチコピーが出てこなくて、前に進まないのでは元も子もないですからね。

そんなことで、

反応のいいキャッチコピーの作り方を、

まずは5つの手法に絞って紹介しますね。

 

今回はひとつ目

【ターゲットを絞って呼び掛ける】

このキャッチコピーは、けっこう万能選手でいろいろなところで使えます。

 

その一部ですが、具体的にいいますと、

・同じような商品が並んでいる時のPOPで
薬屋さんに風邪薬を買いに行ったとしますね。

風邪薬の置いてある棚に行ったら数十種類の風邪薬が並んでた。
もう、どれが自分に合うのか全く分からない。。

そんな時に、

「出張中でなかなか休めないというあなたへ」
「風邪かな?と感じた、ひきはじめのあなたへ」
「鼻水かとまらないというあなたへ」
「子供にも安心して飲ませられる薬をお探しのママへ」
「眠気を最小限に抑えたいという方へ」

POPで有名な堺市ハッピー薬店のPOP
POPで有名な堺市ハッピー薬店のPOP

どんな人に合った風邪薬なのかを具体的に書いておくと、
分かりやすくなり、選んでもらいやすくなります。

もうひとつ。

・店頭の手書きカンバンで
例えば、パン屋さんがあったとしますね。
パンが欲しい人は放っておいても買いにきてくれますが、
それ以外の人にもパンに興味を持って欲しい。

そんな時に、

午前11時頃には・・・
「今日のお昼は何にしようかと迷ってるあなた」

午後2時頃には・・・
「3時のおやつは、ちょっと甘いものが欲しいなって思ってるあなた」

午後6時頃には・・・
「夜、小腹がすいた時に何か欲しいな~って思ってるあなた」

という感じで、時間帯ごとにパンに興味を持ってもらえるように
ターゲットに呼び掛けてみると、入店してもらいやすくなります。

もちろん、その他にも
チラシやDM、ホームページなどのキャッチコピーにも応用可能です!

ポイントは「絞り込んで呼び掛ける」こと。

・女性のあなたへ
・ママへ

とかでは、漠然としていて誰も興味を持ってくれません。

興味を持って欲しい相手の状況を思い浮かべながら、
思い切って絞り込んで呼び掛けてみてくださいね。

現在、募集中のセミナー・塾

***************************
●「コト売り」超実践塾 in【東京】

2017年4月18日~
http://www.gaea318.com/kotouri

●コトマーケティング協会トレーナー講座
http://koto-marketing.com/
***************************

Copyright (C) . All Rights Reserved.