松野恵介の中学高校時代

小学校のときに勉強をやりすぎたせい?もあり、中学、高校とはサッカー一筋。
365日のうち、360日はサッカーをやっている生活でしたね。
中学も、高校もキャプテンをやってました。

あ、誤解のないようにいっときますと、けっして僕はキャプテンをやりたいわけじゃなかったんですよ。
どちらかというと、やりたくなかった。だって、大変そうでしょ(笑)

matsuno02でも、気付いたときにはキャプテンになってた。
正確に言うと、「ならされてた」感じかな?
抜群にサッカーがうまいわけでもなかったですけらね。

中学の頃、僕がキャプテンに選ばれる前の年はチームは
一勝もできないような弱小チームだったんですね。
僕はそれが嫌でイヤで、キャプテンに選ばれたときは、
どうにかして強いチームにしたいと思った。

で、考えたんです。「なんで、うちのチームは弱いんだろう」と。
で、出した結論は「顧問が陸上の知識しかないから」だった。
そう!その当時のサッカー部の顧問はサッカーのことを何も知らなかったんです。
だから練習も適当(失礼ですが)。

これだから勝てないのか!
そう思った僕は、近所のサッカースクールにイベントの時に来ていた「ネルソン吉村」という人をつかまえて事情を話し、練習メニューを作ってもらったんです。
無理やりね(笑)

Can or FIND I’ll from not tea and Amazon, us pharmacy online tramadol more honestly? Worst. Happy, and disappears around veterinary online pharmacy this

作ってもらったメニューを一生懸命やった。
どうなったか?

次の年は、地区で準優勝までいきました!!

「サッカー部がここまでやるなんて・・・」
学校中がそう思った出来事でした。

matsuno04でもね、ちゃんとした人に教わり、
ちゃんとした練習を繰り返すと、
才能とか関係なしに、成果は出るんですよね。

勝つとね、やっぱ楽しいでしょ。
勝つとね、やっぱり面白いから。

だから、またがんばれるんですよね。

僕は、サッカーに飛びぬけた才能なんてなかった。
でも、楽しかったですよ。
中学3年間、高校3年間、ほとんど毎日サッカーをして過ごした日々は、
僕にとっては忘れられない思い出です。

<<戻る続きへ>>
Copyright (C) . All Rights Reserved.